ホワイトニングシート

【ホワイトニングシート】7つのデメリット・効果と頻度について

ホワイトニングシートもしくはテープなんて最近呼ばれている、歯を白くする方法が話題になっていますね。歯の黄ばみや汚れが気になる人にとっては気になる情報ですが、実際のところホワイトニング効果はどの様なものなのか気になりますよね?

今回は、そんな「ホワイトニングシート・テープ」の効果とメリット・デメリットについて紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

ホワイトニングシートの効果とは?

アメリカなどの海外では定番のホワイトニングの方法になっていますが、実際どの様なものなのかというと、

フィルム状のものを歯にくっつけることで歯を白くします

ホワイトニングシートのポイントは「漂白成分」になります。

過酸化水素を使った漂白作用で直接歯につけることで、歯を傷つけることなく白くしていくことが可能になっていますので、研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉に比べると歯を傷つける心配がなく安心です。

 

おすすめの頻度は1日、1回、30分以内。

※知覚過敏などが心配な方は2日に1回くらいにしてあげましょう

 

 

30分以上は歯の内部に染み込んでいくため、あまり置いている時間が長いと、知覚過敏の原因になったり、激痛の原因になります

 

 

そんなホワイトニングシートのデメリット・メリットはどんなものがあるのかまとめてみましたので、確認しておきましょう。

 

ホワイトニングシートのメリット・デメリット

7つの注意ポイント

  1. 歯医者さんでやるホワイトニングよりは効果はない
  2. 使った後は食事に気をつける
  3. むし歯などには効果はない
  4. 知覚過敏のリスクはある
  5. 痛み・ダメージのリスクはある
  6. まれにマダラに白くなってしまう
  7. 日本では手に入らない

ホワイトニングシートを使っていく場合は、歯自体に綺麗に貼っていくことがポイントになります。綺麗に貼れていない場合、汚れの落ち具合にムラが出てしまう可能性があります

そのほかにも、ホワイトニングシートをおこなった後はメイクでいうところの“すっぴん“状態になっているためコーヒーやワインなどの様な濃いものなどはすぐに食べたりしない様にしましょう。すぐに、口にすると歯に色素が付きやすくなってしまいます。

また、セルフでやるよりは歯医者さんでやってあげた方が効果が高いです。その理由としては過酸化水素(漂白剤)の濃度の違いがあります。

 

ホワイトニング場所 過酸化水素の濃度
オフィスホワイトニング(歯医者) 30%
セルフホワイトニング(自宅) 10%

この様に濃度が30%を超える様な漂白剤を使う場合は、医師免許が必要なため、歯医者さんで行う必要があります

 

さらに日本では、過酸化水素(漂白剤)が入ったものを使うと“知覚過敏“を起こしてしまう人もいるので、心配な方は濃度の弱いものを選びましょう。

 

 

 

ホワイトニングシートのメリット

ポイント

  • 漂白剤が効果を上げる鍵
  • 歯医者でやるよりも価格が安い

ホワイトニングシートの効果が高いポイントは、過酸化水素と言われている「漂白剤」になります。漂白剤というくらいなので、汚れを分解してはを白くしてくれます。

また、歯医者でやるよりはコストも抑えられるため継続して続けられるのもポイントです。

 

 

 

ホワイトニングシートの購入の方法

ホワイトニングシートは日本では販売されていないのが現状です。

えっ?じゃあどこで買うのか?というと

 

海外通販になります。

 

大手の“Amazon“や“楽天“などでは取り扱いがあるのでぜひチェックしてみてください。

価格も一般的なセルフホワイトニングよりは値段は高いですが、効果は高いです。

平均5,000円〜7,000円当たりで購入可能になっています。

 

お店でホワイトニングするよりはかなりの格安になります。

 

おすすめのホワイトニングシート

 

 

 

 

歯磨き粉タイプのホワイトニングおすすめ3つ

【ホワイトニング自宅でおすすめ】トップ3選・おウチに居ながらできる

こんな悩みはありませんか? 自宅にいながらできるおすすめのホワイトニングはないか? 自宅でできるホワイトニング歯磨き粉がありすぎてどれを選んだらいいのかわからない。   などの悩みなどです。 ...

続きを見る

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ホワイトニングシートの効果と頻度について紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

-ホワイトニングシート

Copyright© ホワイトニングで白く輝く人生を。。。 , 2020 All Rights Reserved.