ホワイトニング・歯磨き粉

ホワイトニングの歯磨き粉は危険?デメリット・メリット

歯が黄色くなってきたからホワイトニングを考えている方も多いのではないでしょうか?

でも、歯医者まで行くのはなんだか面倒くさい。。。

できれば、市販などで売っている歯磨き粉で何とか歯を白く出来ないと悩んでいませんか?

今回は、そんなホワイトニング歯磨き粉の効果や安全性について紹介していこうと思います。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉とは?

ホワイトニング歯磨き粉とはその名の通り歯を白くするものですが、実際には、歯の表面の汚れを落とすタイプがほとんどです。

要は「歯自体は白くなっていない」です。

また、ホワイトニングは
オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング
セルフホワイトニング

とありますが、歯磨き粉を使ったホワイトニングは「セルフホワイトニング」になります。

 

ホワイトニングとは?3種類の方法とメリット・デメリットがある

ホワイトニングとは?3種類の方法とメリット・デメリットがある

「歯白く・歯のホワイトニング」歯クリーニング 「歯白く・歯のホワイトニング」の効果っていったい何がすごいの?本当に効果があるのか気になりますよね? そんな「歯白くする歯のクリーニング」の3つの主成分の ...

続きを見る

 

 

 

ホワイトニング歯磨き粉はどの様な効果があるのか?

種類は大きく分けて2種類存在します。

  1. ポリリン酸タイプ
  2. 研磨剤タイプ

この2種類になります。

 

ポリリン酸タイプ

ポリリン酸が配合されたタイプの歯磨き粉は、“歯を漂白(白く)“することはできませんが、表面についている汚れを落とす効果があります。

なので歯自体が持っている白さにすることができます

他にもメリットは、汚れ自体をつきにくくするためのコーティング効果があるので、白い歯を維持することができます。

 

 

ポリリン酸は3種類ある

  1. 短鎖ポリリン酸
  2. 中鎖ポリリン酸
  3. 長鎖ポリリン酸

こちらの3種類になります。

ここでポイントですが、歯磨き粉を選ぶ際は“短鎖ポリリン酸“が含まれているものにしましょう。理由としては、汚れを取るのに向いているのは短鎖ポリリン酸だけだからです。

なので購入の際は、裏に書いてある表記をチェックしましょう。

 

 

 

研磨剤タイプ

世の中に出回っている歯磨き粉で1番多いタイプの歯磨き粉が「研磨剤タイプ」になります。

研磨剤というくらいなので、歯自体を削って白くしていきます。

 

ですがここで注意して欲しいのが、磨きすぎ・削りすぎてしまうと歯本来のエナメル質が薄くなって無くなってしまい最悪の場合歯自体が薄くなってより“黄ばんで見えて“しまい、しみる原因でもあります。

なので歯を白くしたいからといって磨き過ぎるのは注意が必要です。

 

また、最近では「研磨剤」が悪い印象が多く表記名が「清掃剤」となっている場合もありますが、これも“研磨剤“です。

 

 

 

 

ホワイトニング時の歯磨き粉で注意が必要な配合成分

無水ケイ酸(シリカ)

ガラスやシリコンの材料となる成分で、歯のエナメル質と同等、もしくはそれ以上の硬さの研磨剤です。粒子が荒い研磨剤で、着色汚れがよく落ちますが、歯を傷つける可能性が高い成分です。

 

含水ケイ酸

タルクと呼ばれる化学物質で、滑石という鉱石を微粉砕した無機粉末です。無水ケイ酸よりも硬度は低く、比較的危険度は低い研磨剤ですが、粒子の大きいものもあるので注意が必要です。研磨力が強く、歯を傷つける危険があります。

 

炭酸カルシウム・水酸化アルミニウム・リン酸水素カルシウム

歯の硬さよりも軟らかい粒子ですが、石と同等の硬さがあります。粒子が大きい場合は、研磨力が強く、歯を傷つける恐れがあります。

 

 

 

研磨剤が含まれていても安全なもの

薬用ハイドロキシアパタイト

清掃剤の一種ですが、超極小粒なので、歯に優しく安全です。歯を傷つける可能性はほぼありません。

歯の表面を研磨して削るのでは無く、歯の表面に付着した汚れを吸着して除去します。再石灰化を促す効果もあり、歯に良い成分だと言えます。

 

歯科医院専売の、安全性重視のもの

歯科医院専売の歯磨き粉は、上で挙げた研磨成分が含まれていても、市販の危険な製品とは違い含有量が少なく、安全性を重視したものになります。清掃剤・研磨剤は、含有量まで表記されていませんが、歯科医院専売のものなら安心です。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉のメリット・デメリット

注意ポイント

  • 歯の表面を傷つける
  • 黄ばみの原因
  • 歯がしみる原因
  • むし歯を予防する力は少ない
  • 歯周ポケットに入り込むこともある
  • 傷ついた分汚れが付きやすくなる

 

研磨剤が多く含まれている歯磨き粉を多用すると…

 

歯の表面を傷つける

研磨剤が多く含まれている歯磨き粉を多用すると、歯の表面のエナメル質を削ってしまう可能性があります。ぱっと見て削れているように見えなくても、見えない細かな傷ができています。
特に、歯磨きをする時の力が強い人、固めの歯ブラシを使用する人は、どんどんエナメル質が薄くなってしまう事があるので、注意が必要です。

 

黄ばみの原因になる

一時的には、汚れが取れて白くなったと感じても、歯の表面に細かな傷がついているため、再び着色汚れが付きやすくなります。細かい傷の中に汚れが入り込むと、さらに汚れが強く付着してしまう事もあります。
また、削れてしまう事によって、エナメル質が薄くなると、下の象牙質の色が透けて見えるようになり、黄ばみを強く感じるようになる場合もあります。

 

歯がしみる原因となる

歯の表面が削れてしまうと知覚過敏を起こす事があります。

多くは研磨剤入り歯磨き粉の使用中止する事で、徐々に知覚過敏は治まってきます。痛みが長引く場合、痛みが強い場合は、治療が必要になってきます。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉・メリット

ポイント

  • 歯が白くできる(ホワイトニング効果)
  • 手軽に家でできる
  • 研磨剤タイプは「ステイン」を落とす力が強い

ステインを落とすのには効果が高いのが研磨剤の歯磨き粉のメリット。また、家などでも手軽にできるの時間がないかたや、コストを考えたい人にはおすすめです。

よって、着色汚れを落としてくれるのでコーヒーやタバコなどを吸う方におすすめで、汚れが消える分ホワイトニング効果もあります。

ただし、1週間に1回など決めるのがいいです。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉がおすすめな人

こんな方におすすめ

  • 歯の黄ばみが気になる方
  • なるべくコストをかけたくない方
  • 手軽にホワイトニングを始めたい方

ホワイトニングできる歯磨き粉には、メリット・デメリットがありますが、使い方、使い分けをすることで、歯をキレイに見せることができます。

 

 

【ホワイトニング自宅でおすすめ】トップ3選・おウチに居ながらできる

【ホワイトニング自宅でおすすめ】トップ3選・おウチに居ながらできる

こんな悩みはありませんか? 自宅にいながらできるおすすめのホワイトニングはないか? 自宅でできるホワイトニング歯磨き粉がありすぎてどれを選んだらいいのかわからない。   などの悩みなどです。 ...

続きを見る

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ホワイトニングできる歯磨き粉についてメリット・デメリットを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

-ホワイトニング・歯磨き粉

Copyright© ホワイトニングで白く輝く人生を。。。 , 2020 All Rights Reserved.